頚椎ヘルニア@名医-症状・治療・手術
頚椎ヘルニア@名医-症状・治療・手術

頚椎ヘルニアの症状

頚椎ヘルニアの症状

 

頚椎ヘルニアの症状について紹介します。頚椎ヘルニアの症状は、一番よくわかるのは、首が痛くなったり、首がこることです。これがわかりやすい頚椎ヘルニアの症状だと言われています。一日の中でも頚椎ヘルニアの症状の出方は色々で、例えば朝は頚椎ヘルニアの症状があまり出なくて軽い症状だったのに、夕方になったら頚椎ヘルニアの症状がひどくなったと言うこともあるようですこのように頚椎ヘルニアの症状は一日の中でも時間が経つにつれて症状は重くなるのがよくあることのようです。


そして他の症状としては、脊髄まで圧迫されてしまっている場合には、手がしびれてきたり、しますが、この時の手のしびれは片手のこともあるのですが両手になってくると言われています。手がしびれるまでいかなくても、お箸がもてなくなったり、細かい手作業が出来なくなることもあります。


手だけでなく、足にも症状は現れます。足の症状としては、足が固まってきて歩くのが困難になることもあるようです。神経が関わっている病気だけに、動かせなくなったりする症状が現れてきますからおかしいとおもったら病院へ行ったほうがいいと思います。