頚椎ヘルニア@名医-症状・治療・手術
頚椎ヘルニア@名医-症状・治療・手術

頚椎ヘルニアの手術

頚椎ヘルニアの手術

 

頚椎ヘルニアの手術について紹介します。頚椎ヘルニアの手術についてですが、頚椎ヘルニアの手術は基本的にはすぐには行われないことが多いようです。治療を行った上で、なかなか改善されない場合や改善の見込みがもてないほど重度の頚椎ヘルニアの症状が出ている場合には頚椎ヘルニアの手術を行うことになります。


頚椎ヘルニアの手術を行った場合の危険性や合併症と言ったことが気になると思いますが、まずはどのような手術を行ってもありえることなのですが出血や血栓、そして感染などが上げられます。他には頚椎ヘルニアの手術を特有のこととしては、気管支や食道に障害が起きることもあります。そして、手術を受けた後には声が出にくくなることもあるようです。


また食道の神経が障害を起こすこともありますから、その場合は、食べ物を飲み込んだりすることが一時的ではありますが難しい場合もあるようです。手術のあとは、頚部が痛いというよりも、とった部分の骨のところがいたいと思う人が多いと言われています。